こんにちは。ひらっちです。

遅ればせながら、清原和博へのインタビューが載った雑誌Numberを読んでみました。

表紙を見て思った。「清原、顔変わったな。」と。

インタビューの流れはこんな感じ。

  • 保釈からの治療について
  • 薬物に手を出したきっかけ
  • 逮捕時の状況
  • 留置場生活
  • 支援してくれる人との関わり
  • 思い出の地を巡る旅
  • どうしてこのインタビューを受けたか

ザッとこんな流れで、8ページ割かれています。

プロで総額数十億のお金を稼いでも、人間こうやって堕ちていくのだなと、ある意味悲しさを感じるインタビューでした。

犯罪さえしなければ・・・野球殿堂にも入れる位の実績を残していたのに。現役時代ファンだった自分にとっては、辛いよ。

 

その後は、以下3者へのインタビュー。

  • 佐々木主浩(ご存知、ハマの大魔神。清原の裁判では、親友として情状証人を引き受ける)
  • 立浪和義(PL学園で、清原の2つ後輩)
  • ダルビッシュ有(若手時代、清原と対戦経験あり。アメリカでの経験を基に、清原へ一定の理解を示している)

一番印象に残ったのは、ダルビッシュ有のインタビュー。

アメリカでは日本と比べ、一度犯罪や薬物で失敗しても、受け入れる門戸は広い。という。

 

確かに「犯罪者は一生消えろ!」と社会全体で見てしまうと、再犯率を上げてしまうと思う。

本気で更生しようとする人に対しては、助け合える社会が理想ではないだろうか。

もっと寛容になろうよ。と、世の中に対して本当に言いたい。(もちろん、自分にも言い聞かせたい)

何か湿っぽい文章になったけど、今日はこれでおしまい!では、また。