こんにちは。ひらっちです。

日本自前のGPS衛星「みちびき」3号機の打ち上げが成功しました。

これでスマホのGPSがもっと正確になる・・・とは簡単には言えないようです。

なぜ日本がGPS衛星を打ち上げるのか?

GPSを使った機械と言えば、カーナビゲーション

GPSを使う方式が1991年に発売され、今に至っています。

今ではスマートフォン等でも使われるようになり、無くてはならない技術です。

しかし、GPSの衛星って、実はアメリカの衛星を借用しているのです。

アメリカの衛星だけでは、精度が安定しない事があるため、日本自前の衛星を打ち上げる事になりました。

今後は??

今年みちびき2~4号機を打ち上げ、運用は来年度以降の予定です。

現在運用しているのは、2010年に打ち上げたみちびき1号機と、アメリカの既存機を合わせて6~8機体制。

最終的には、2023年以降、他の衛星と合わせて10~12機体制で安定した運用を目指しています。

注意点

みちびきの電波は、すべての機械が対応している訳ではありません。

みちびき対応製品リストがあり、これに載っている機械しか対応していません。

iPhoneでは、昨年発売された7と7Plusしか対応しておらず、注意が必要です。

今後は・・・

GPSの精度が上がる事により、よりサービスの向上が見込まれます。

今後は、屋外だけでなく、屋内でもきめ細かいナビサービスが出来るようになるのではないでしょうか。

個人的には、東京駅でナビが欲しい・・・

人生を楽しく!では、また。