こんにちは。ひらっちです。

2017年8月20日から一週間、東北地方を一周する旅に出ていました。その旅日記です。

郡山市から、いざ石巻へ

私の自宅がある福島県郡山市から、下道のみで石巻市へ。

ナビで出すと、所要時間は約4時間。

しかし、仙台市内で道が混んでいたり、休憩もしていたので5時間近くかかりました。

石巻着。まずご飯・・・

最初は何処へ行けばいいか、よく分からなかったため、いしのまき元気市場へ。

ここで観光に関する情報を得るつもりでしたが、2階に食堂、1階にお土産売り場があるだけ。

観光案内の窓口、パンフレットは何も無しw

やべぇ、来るところ間違えた・・・

しょうがないので、1階に石巻で獲れたらしいマグロ・カツオのお寿司があったのでそれを食す。

写真を撮り忘れたので、ご想像くださいw

1階で買ったお弁当やお寿司は、2階の食堂へ持ち込んで食べてもOK・・・のはずw

何処にも書いてなかったので、勝手にやっちゃいました。もしNGだったらゴメンナサイ。

交流館で、津波の被害を実感する

復興まちづくり情報交流館 中央館へ。

石巻まちづくり交流館にて、林家たい平師匠の写真がありました。

たい平師匠の直筆サイン

笑点でおなじみの落語家・林家たい平師匠の直筆サインがありました。

笑点でのあいさつで、度々石巻の話をするたい平師匠。

何故たい平師匠が石巻の話をするのかよく分かりませんでしたが、その謎が解けました。

震災から時間が経っても、定期的に来ていらっしゃるそうです。

交流館の案内の方と、5分程ではありましたが、ゆっくりお話をする機会がありました。

要点をまとめると、こんな感じ。

  • 地震発生後の避難所の劣悪な環境
  • 遺体がどうしても見つからず、遺体が無い状態で、行方不明になった親族のお葬式をした事
  • 命があれば、それでいいという事が分かった
  • 交流館の展示で、津波被害のパネルはあえて隠すように配置している。それは、地元の方への配慮のため(実際、津波の展示は見ずに帰る地元の方が多いらしい)

避難所で一番酷かったのは、トイレだった、と案内の方は言われていました。

まともな水洗トイレでは無いため、溜った汚物は、避難所近くのドブとかに捨てる。

汚物によって、周りが臭くなるため、極力トイレに行かないように、食事の回数を減らすようになるそうです。

その結果として・・・

食事の回数を減らす→栄養が不足する→体調不良になりやすくなる

汚物の処理がまともに出来ない→病気の蔓延

そういう恐ろしい事になるのです。もちろん、避難所ですからプライベートなんてありません。

避難所の生活は本当にストレスがたまる、という話はよく聞いていましたが、ここまで具体的に聞いたのは初めてでした。

また、遺体無き葬式についても教えてくれました。

案内の方は、足が不自由な叔母がどうしても行方不明で、遺体無き葬式を行ったとお話しくださいました。

近くに埋まっているかもしれないし、もしかしたら、生きていて家に帰ってくる可能性もある。

そんな中でも、葬式をしなければいけない遺族の思い・・・

私はただ、お話しを聞くことしか出来ませんでしたが、自分が同じ事態になったら、と思うだけでとても辛い気持ちになりました。

違う立場から、また震災のお話しを聞いてきました

本当はまだまだお話を聞きたかったですが、団体のお客さんが来たため、交流館を後にしました。

次は水辺の復興・みらい館へ。

水辺の復興・みらい館

北上川の中州のような場所にポツンと建つプレハブ。

ここでは、震災当時新聞記者として、石巻市内を主に取材していた方からお話を聞きました。

その方が言われていたのは、情報を確かめる事も、出すことも出来なかった、という事。

石巻市の市役所などがある中心部は、基本低い位置にあるため、ほぼ浸水してしまったそうです。

市内中心部に入ることが困難だったため、情報の確認・発信が遅れてしまった、との事。

情報が発信出来る様になった時には、福島原発が大変な事になっていたため、全国向けニュースで石巻の被害が大きさの割にあまり報じられなかったのです。

事実、東日本大震災の津波被害で、一番死者が多いのは石巻市

その方は、行政への思いも色々と言われていました。

私は、ここでもただお話しを聞くことしか出来ませんでした。

石巻に思いを寄せる人がいる一方、何故自分のように被害の大きさの割に知らない人が多いのか、少し分かりました。

石ノ森萬画館へ

石ノ森萬画館

重いお話を聞き、少し沈んだ気持ちを立て直すべく、石ノ森萬画館へ向かいました。

実は、石ノ森章太郎は、宮城県登米市の出身。

この記念館のすぐ近くに「岡田劇場」という映画館(津波で流失)があり、若かりし石ノ森少年は、自転車で来ていたらしい。

地図を見ると、この萬画館がある中州は、ニューヨークのマンハッタンにそっくり(石ノ森先生談)との事。

そこから「マンガッタン構想」と名づけ、石巻市の活性化に向け、亡くなるまで活動されていました。

サイボーグ009銅像

石巻の街中には、石ノ森章太郎のキャラクター銅像が沢山あります。

ただ、残念な事がここで一つ。

私、石ノ森章太郎の作品は「ホテル」位しか知らない・・・

石ノ森章太郎の作品をあまり読んでこなかった事を反省しつつ、展示を楽しんできました。

つるの湯 ボランティアで蘇った公衆浴場

私が石巻に来た理由は、津波被害を調べるだけではありません。

Reborn-Art Festivalで芸術作品を楽しむのが、一番の目的。

夜7時以降でないと見れない作品もあるため、作品が始まるまでお風呂へ入る事に。

このあたりにいいお風呂は無いかとググると、一件面白そうな銭湯が見つかりました。

つるの湯

「つるの湯」です。

女将にお話を聞けば、昭和初期から続く銭湯との事。

震災で設備が壊れ、ご主人もお亡くなりになったため、最初はお店をたたむつもりだったそうです。

しかし、ボランティア達の後押しもあり、営業日数を抑えつつ、お店を続ける事になったのです。

ただお店を再開させるだけでなく、お祭りまで開催し、再開をお祝いしたそうです。

お祭りの様子(フェイスブック)

お祭りの様子(ブログ)

こちらで、どんなお祭りだったか見ることが出来ます。

ボランティアの方とは今でも交流があり「石巻に帰りたい」と女将に電話がかかってくる事があるそうです。

出身地でもないのに、帰りたくなる場所があるって、いい事だと思う。

私も、アニメの聖地巡礼で訪れた街(茨城県大洗町)が気に入り、年数回フラっと行ってしまう。

その気持ち、少しだけだが分かるww

やっと本来の目的へ・・・

夜7時になり、芸術祭の作品を鑑賞する事に。

作品は、こちらの2つ。

芸術祭A9看板

カールステン・ニコライ上部

カールステン・ニコライ下部

作品名:石巻のためのstring(糸)

簡単に言うと、LEDの光が天に向かって伸びている

この光源の周りに、寝そべって見れるように椅子があり、寝そべって上を見上げて楽しみます。

自分でも話していて、よく分からないw

現代アートって、面白いなと思う一方、どういう意図で作品を作ったか教えて欲しい事が本当に多い。

昔、徳島市で芸術祭があった時、アーティストの方と直接お話しする機会があり、色々とお話を聞くことが出来たが、こういう事は普通無いw

もし説明出来ないなら、ちゃんと案内板に書くとか、そういう配慮があれば魅力が上がると思うのだが・・・

続いて、もう一つの作品へGO。

A11案内板

芸術祭野外投影

夜間は営業しない飲食店駐車場から、隣ビルの白壁に投影する映像作品。

フランス人アーティスト、JRという方のプレゼンが流れていました。

実は、このJR、有名なストリートアーティスト。

日本だけでなく、世界中の街中でポートレートを撮影し、それを印刷して貼る。

詳しくは、上のリンクを見ていただきたい。

勇気を持ち、差別に芸術で立ち向かう姿勢、とても共感。

実は、このプロジェクトを翌日体験する機会がありましたが、それは次の記事で。

車中泊へ

この旅は、基本車中泊。

この日のキャンプ地は「道の駅 上品の郷」

隣にローソンもあり、車中泊するにはいい環境でした。

これだけ中身の濃い1日だったので、ぐっすり眠ることが出来ました。

周りは静かで、車中泊するにはうってつけの道の駅だと思います。

毎晩こんな道の駅ならいいのに・・・と思いましたが、人生そんなに甘くないw

ここを超える道の駅は、旅の最後まで出ることはありませんでしたww

まぁ、後のトラブルは、また別の記事で。

では、また。