こんにちは。ひらっちです。

9月15日から17日にかけ3日間、北海道稚内市へ旅してきました。

なぜ稚内へ?

本当の目的は稚内で無く、礼文島・利尻島でした。

以前働いていた会社の先輩が、礼文島へ転職・引っ越し。

いつか会いに行ってみたい!・・・と、ずーっと頭の片隅にありました。

仕事を辞め、フリーなタイミングの今「やるなら今しかねぇ!」という考えに至り、会いに行きました。

本当なら、礼文島へ渡航するはずでしたが・・・あるハプニングにより、行けなくなってしまうのです。うぅ(涙目)・・・

稚内って、どこ?

一言で言えば、日本最北端の市。

桃鉄では目的地の一つだったので、何となくご存知な方は多いはずw

夏でも涼しく、冷房なんて要らねぇ!という気候だそうです。羨ましい・・・

確かに、泊まった民宿には扇風機しか無かった。その代わり、冬の寒さは厳しそうですが。

本州からは遠い・・・どうやって行くの??

私の住む福島県郡山市からだと、ザックリこんな順番です。

  1. 郡山駅から新幹線で東京駅へ
  2. 東京駅から山手線で浜松町駅へ
  3. 浜松町駅からモノレールで羽田空港へ
  4. 羽田空港から直行便に乗り、稚内空港へ

うーん、簡単。たった4ステップw

私の場合、稚内空港に先輩が迎えに来てくださったため、そこで合流という流れ。

本当は、福島空港~千歳空港~稚内空港という流れで行きたかったですが、乗り継ぎ時間が合わないのと、1日に2回も飛行機に乗りたくないのでパスw

実は私、旅好きでありながら飛行機は苦手。

大洗~苫小牧のようなフェリーが稚内にもあれば、フェリーを選んでいただろう・・・

稚内空港

稚内空港

街から外れた所に建ち、田園風景のど真ん中にある稚内空港。

着陸で高度が下がる際、飛行機が畑に突っ込んでいく感覚になり、少し怖かった。

日本最北端の地 宗谷岬

先月、本州最北端の地へ行きましたが、今回は日本の最北端 宗谷岬へ。

宗谷岬の碑

宗谷岬

午後3時半過ぎに行きましたが、この日の天気は快晴。

大間の時の様に、晴れてくれたことに感謝!やっぱり岬見るなら、晴れていないと。

展望台からの宗谷岬

展望台からの宗谷岬

目の前に展望台があるため、登ってみた。

この写真では見えませんが、海の向こうには樺太があります。いつか外国へ行ってみたい。

しかし、訪れて感じたのは、海外からの観光客(特に中国)が多い点。

記念碑を見る際、本当にここは日本か?と言いたくなる位。

観光バスがひっきりなしに入れ替わり、日本最北端の地を満喫していました。

ただ、この観光地はお金を落とす場所が無い。

お店も全部閉まっている・・・何だか勿体ない。

稚内公園へ

稚内市街地へ進み、稚内公園へ。

稚内市街地をちょうど見下ろす位置にある山。

稚内市街

稚内市街

こうして見ると、意外と高い。この公園には塔がありますが、有料なのでパスw

意外と面白かったのは、ブランコにしか見えない可動式ベンチ。

可動式ベンチ

どう見てもブランコ。

可動式ベンチ看板

しっかりと自己主張w

確かに、ブランコにように大きく振ると危ないとは思う。

大きく振ってジャンプすれば、フェンスを飛び越え、山の斜面にダイブして、斜面を転がりながら下ることになるだろう。多分、前例はあるに違いないw

ノシャップ岬で夕陽を拝む

ちょうど日の入り時間となったため、夕陽を拝みにノシャップ岬へ。

ノシャップ岬からの夕陽

ノシャップ岬からの夕陽

ノシャップ岬からの利尻富士

ノシャップ岬からの利尻富士

海から見る夕陽・・・一番好きな夕陽のシチュエーションです。

昔瀬戸内海の船の上から夕陽を拝んだことがありますが、それとはまた違う美しさ。

また、利尻富士もキレイに見え、眺めが最高な場所でした。

美味しい夕食のはずが・・・まさかの事態。

夕陽を堪能した我々は、お腹が空いたため夕食へ。

レストランイフのオムライス

レストランイフの牛筋オムライス

レストランイフという、オムライスのお店。

オムライスのお店に入るなんて、何年ぶりだろうか。

牛筋オムライスを注文しましたが、味にクセが無く、非常に食べやすいオムライスでした。

お昼も営業しているそうなので、稚内で食事をするときは是非おススメしたいお店。

しかし、普通であればオムライスを食べた後、私の性格なら居酒屋かバーに行きますか・・・という流れになりますが、体調がおかしい。

若干の目まいと、吐き気に襲われる。

とりあえず、早めにホテルへ戻り、明日からの観光に備えることに。

空気を全く読めない自分の身体にバカヤローと思いながら、稚内の夜は終わったのです・・・

つづく