こんにちは。ひらっちです。

先週一週間、東北地方を一周する旅に出ていました。その旅日記です。

8日目は、山形県山形市から、米沢経由で福島へ帰りました。

山形美術館へ。でも、その前に・・・

山形市内で行きたいのは、山形美術館

山形美術館

現代アートの特別展がある(現在は終了)ため、やってきた。

しかし、開館前に来てしまったため、隣の霞城公園で時間をつぶす事に。

霞城公園に入ると、大手門が一般公開されていたため、あまり興味は無いが入ることにした。

中で、観光ボランティアの方と15分位話す機会がありました。

物凄くよくしゃべる方だった・・・

山形市は、弘前市の様に古い家屋があまり残っていない事を嘆いていた。

「何でですかねぇ?」と私に聞いてきたので「戦争中の空襲じゃないですか?」と言ったら、妙に納得していたw

面白い人だった。

美術館の開館時間は過ぎていたが、折角なので公園内にある山形市郷土館へ行ってみた。

山形市郷土館

明治時代に病院として建てられ、現在は国の重要文化財に指定されている建物。

展示内容は、病院にまつわる物が多かった。

写真撮影は止めてねと書いていたため、建物内の様子は一切写真を撮っていない。

僕の興味をそそる物は無かったため、さっさと美術館へ・・・。

山形でも現代アート・・・

高橋コレクション・マインドフルネス

よく考えれば、この旅の始まりはReborn Art Festival。

そして締めくくりは山形美術館で現代アートの特別展。

現代アートに始まり、現代アートに終わる旅だった。

残念ながら、撮影OKだったのは上の作品のみ。

現代アートを扱う芸術祭では、基本撮影OKなだけに、もう少し写真撮影に寛容であって欲しかった。

このアート展の印象・・・草間彌生は、やっぱり水玉だったw

米沢で、食べたかったアレを食す

美術館を後にし、少し歩いて山形駅に。

うーん、何も無いw

そこで飛び込んだ文字が「牛肉どまん中」。

以前テレビで、東京駅で最も売れる駅弁の一つ!と言っていたのを思い出す。

その駅弁を作っているのは、米沢市の会社「新杵屋」

工場&直売所が米沢駅の目の前にあるらしい。

もしかしたら出来立てが食べれるかも・・・

米沢は、山形から福島に行く途中。良し、行ける。

車で40分位かけ、米沢へ。

米沢駅

新杵屋工場

着いたのは午後2時過ぎ。駅弁があるかどうかも分からない。

恐る恐る、駅弁があるか聞いてみる。

「あぁ、まだありますよ」

やったーっ。しかも、ちょっと待ったかと思ったら温かい弁当が出てきた。

2階の喫茶店がイートインスペースになっているため、弁当片手に2階へ移動。

牛肉どまん中

牛肉どまん中

いつか食べたいと思っていた、噂の駅弁。お値段は、1250円。

食べました。これは本当に美味しい。

ワインの隠し味(?)もいい感じに効いた秘伝のタレと、牛肉煮込みの絶妙なコンビネーション。

お米は山形県産「どまんなか」を使用。ご飯もデリシャス!!

もっと味わって食べればいいのに、お腹が空いていた事もあり、5分もかからず完食してしまったw

私が弁当をここまで褒める事は、基本無い。しかし、これは本当に美味しい。味は保証出来ます。

唯一難癖をつけるとしたら、値段の割に量が少ない事だろうか。

この値段で、大盛サイズなら納得かな(贅沢)。

帰路へ・・・

大満足のうちに、福島へ。

今日の移動距離は約160キロ。

色々あった旅でしたが、本当に楽しい旅だったと思う。

家に帰り、駐車場に着いて車のトリップメーターをチェック。

この1週間の車での移動距離、1673.3キロ

かかった金額・・・ガソリンや食費、宿泊費、風呂代など含め、約5万円

自分の心に刻んだ思い出・・・プライスレス。マス○ーカードのCMみたいだなw

無計画に、自分の感性のままに動き、後からここ行っておけば良かった・・・と思う事も多少ありました。

もう少し現地の人と触れ合っておけば・・・という反省点もありました。

もっとこまめに写真撮っておけば、ブログ書くのがもう少し楽になったのに・・・という思いもあります。

反省点も多かったですが、一番この旅で感じたのは、その街を知るには、行かなければ分からない。

石巻や陸前高田の津波被害状況を見たとき、一番それを感じました。

さぁ、皆さん、知らない街へ旅に出ましょう。

きっと、自分の知らない事がそこには広がっていると思います。

これで東北一周旅の記事はおしまい。読んでいただきまして、ありがとうございました。

やっぱり、旅はいいぞ!

人生を楽しく!では、また。