こんにちは。ひらっちです。

オートバックスが、Tポイントに移行するという事で、Tカード連携してきました。

SPONSORED LINK

Tカード連携??

HPでTポイントとの連携を促している

これまで、オートバックスでは2つのポイントが存在していました。

  1. オートバックスが管理するオートバックスポイント
  2. 後から対応したTポイント

ここで、オートバックスポイントを廃止して、Tポイントに一本化しようという話。

私は、オートバックスカードとTカードの両方を持っている。

元々両方持っている人は、オートバックスカードとTカードを連携させる事によって、今後はTカードだけを出せば良くなりました

じゃあ、オートバックスカードは要らなくなるのでは・・・

と、思い店員に確認すると、Tカードに情報は引き継がれているので、店舗で使う事は無いとの事。

使うとしたら、オートバックスドットコムや、スマホアプリでログインする時に、オートバックスカード番号が必要な時があるので、その時に使って下さいと回答。

店で使う事が無い=持ち歩く必要が無い

・・・という事になるので、オートバックスカードは早速引き出しへ片づけました。

<追記>2018年1月のアップデートで、オートバックスアプリがモバイルTカード機能に対応しました。

スマホの画面にバーコードを出すだけでよくなりましたので、オートバックスでTカードを出す必要が一切なくなりました。

これで財布からTカードを片づけられる・・・嬉しい。

メリットはあるのか??

メリット・デメリットを考えてみました。

メリット

  • オートバックスカードを持ち歩く必要が無い
  • TSUTAYAなど、他店で貯めたTポイントをオートバックスで使う事が出来る(その逆も然り)

デメリット

  • 個人情報が流出する恐れがある(ググったら色々な話が出てくる)
  • 流出した個人情報を基に、他のTポイント店舗からDMが届く事がある(メンズエステのT○Cからハガキが何回か来た)

・・・こんな所だろうか。

個人的に、ポイントサービスへ不満に思う所がある。

最近、Yahoo!やソフトバンクがTポイントを付与する際に、期間限定かつ、使い道を限定したポイントを付与する事がある。

ソフトバンクでその最たる例は、あんしん保証パック with AppleCare Services

iPhoneを有償で修理した際、その修理費がTポイントで後から還ってくるサービスです。

HPのちょっと下にこうやって書いているw

正直、そういう事されるとややこしい。

わざとややこしくして、ポイントを使わせないようにしているのかと邪推してしまう。

そして、弊社はお客様にこんなにポイントを還元していますよ、と言い張るのだろう。

PONTAでも期間・用途限定ポイントをやっているが、ポイントサービスは仕組みを簡単にしないと、逆にケチ臭いイメージが付いてしまうと思うのだが・・・

ポイントサービスとは、ポイントを付与する代わりに、購買情報をデータ化するシステムだと思っている。

もちろん、そういうデータを活用して、より良いサービスを提供してくれればいい。

しかし、会社の都合ばかり優先して、お客からソッポを向かれたら本末転倒ですよ、と言いたい。

最後はただの愚痴になってしまいましたが、しっかり調べて、便利にサービスを使いこなしていきたいと思う。

人生を楽しく!では、また。