こんにちは。ひらっちです。

今日の記事は、一プロ野球ファンとしての妄想記事です。

実現の可能性は、ほぼゼロだと思います。

でも、分かってくれる方も多いと思う。では、どうぞ。

SPONSORED LINK


何故こんな提案を・・・?でも、今がチャンスだと思う。

まず、日本のプロ野球のちょっと情けない話から。

1995年頃まで、メジャーリーグと日本プロ野球は総収益がほぼ同じでした。

しかし、今はメジャーは日本の4倍にまで成長し、日本は20年前とほぼ横ばいです。

人口や球団数が向こうの方が多いので、単純に比べるのはちょっと乱暴ですがご容赦を。

メジャーと日本の違い(ファン目線)

メジャーと日本プロ野球、何が違うのでしょうか。

1995年頃と言えば、日本から野茂英雄投手がメジャーリーグへ移籍した頃です。

その頃、メジャーリーグはストライキ騒動で人気が落ちていました。

このストライキは、1994年のワールドシリーズが中止になる程大きなものでした。

そんな事が起きれば、ファンがソッポを向くのは当たり前です。

メジャーリーグでは、チームの格差を出来るだけ無くす事に着手。

テレビ放映権の管理・リーグスポンサーの獲得など、目的別に4つの子会社をつくり、利益を30球団でシェアする仕組みを作りました。

ドラフトは完全ウェーバー(順位が下のチームから指名する方式)、選手の総年俸が高いチームからは「贅沢税」を徴収し、出来る限り戦力が均等になるようにしています。

毎年どのチームが優勝するか分からない、面白いリーグとなりました。また利益をシェアする事により、個々の球団運営を安定化させました。

放映権料は全球団分まとめて売る事で金額が大きくなりました。ネット配信にも積極的で、利益を出しています。

日本の球団のように「おらがチームの利益優先」では無く、リーグ全体の繁栄を考えている点が、一番の違いではないかと思われます。

ここで、日本プロ野球に話を戻します。

実は、日本プロ野球は今が一番お客の入りがいいのです。

球団によっては(特に横浜や広島)、毎試合ほぼ満員のため、これ以上伸ばせない状態です。

横浜スタジアム

参考写真 横浜スタジアム

ならば、試合数を増やしクライマックスシリーズの不平等感を解消出来るやり方は無いか??

と考え、チーム数増やしたら?という提案を思いつきました。

具体的な提案

マツダスタジアム

参考写真 マツダスタジアム

色々考え、セパの区分けは無し。

その代わり、4チームずつの4地区制を提案します。

北海道・東北・信越・北関東リーグ

  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 新潟市に本拠地を置く新球団

南関東リーグ

  • 読売ジャイアンツ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ

中部・関西リーグ

  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • オリックスバファローズ
  • 静岡市(もしくは浜松市)に本拠地を置く新球団

中四国・九州沖縄リーグ

  • 広島東洋カープ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 松山市に本拠地を置く新球団
  • 那覇市に本拠地を置く新球団

試合数

  • 1チームにつき、レギュラーシーズンは全162試合
  • 同じ地区のチームとは年18試合ずつ対戦
  • 違う地区のチームとは年9試合ずつ対戦

試合数が増えた事への、日程消化対策

  • 開幕は前倒し(春分の日前後に)する
  • 交流戦は廃止となるため、6月の日程をもう少し過密に出来る
  • オールスターゲームの権威を持たせるため、年1試合とする
  • オールスター・2軍戦の分け方は東西8チームずつで分ける
    (ウエスタン・イースタンの不均等なチーム数も解消)
  • ダブルヘッダーの復活(土日祝日限定で)
  • どうしても消化出来ない試合は、順位に関係無い場合中止可能とする

ポストシーズン

  • ポストシーズンは、各地区の上位2チームが参加する、8チームのトーナメントにする
  • 地区リーグで2位に入っても、勝率5割未満の場合はポストシーズン出場権無し
  • その場合、全体で勝率が一番高いチームが1回戦は不戦勝となる(試合が無い事による経済的損失は、機構が多少補填する)

まとめ

新球団の都市は、経済力や人口、球場の有無、あとは野球熱の高さなどを考え、選んでみました。

今あるチームが存続する事前提のため、身売りとかは一切考えていません(噂も無くはありませんが・・・)。

移動のやりやすさから考えると、新球団は松山市より、熊本市の方がいいかもしれません。

メジャーリーグのような戦力均等化・利益のシェアを前提としているので、今のやり方では不可能だと思います。

しかし、今まで無かった街に新たにチームを作れば、野球ファンが増えるだけでなく、プロ野球選手の受け皿が増えます。

野球界全体で見れば野球人口増加・競技レベルの底上げにもつながります。

言っておきます。これはあくまでもプロ野球ファンの妄想です。

規模を大きくするとしたら、これぐらいやって欲しいなと、心から思いつつ、プロ野球の更なる発展を願っています。

現実的に試合数を増やすとしたら、交流戦を増やす(36試合制の復活)のがいいと思いますが。

人生を楽しく!では、また。