こんにちは。ひらっち(@furakima)です。

雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」を1か月使ってみましたので、その感想を書いてみます。

使っていると、雑誌によって見せ方が違う事に気づきました。

他サービスとの比較に、参考となれば嬉しいな♪

楽天マガジンって、何?

月額380円(税別)で、200種類以上の雑誌が読み放題!というサービスです。

楽天マガジン料金

月額と、年額のプランがあります

1つの契約で、5台のスマホ・タブレット・パソコンから読むことが出来ます。

タブレットで途中まで読んだ雑誌を、スマホで続きから読むことも可能です。

ただし、電子書籍の「楽天Kobo」とは違い、パソコンでは見られないので注意。
※2017年12月から、パソコンからも見られるようになりました

何故契約したか・・・

私は雑誌が好きで、月1冊は買っていました。

場所も取るし、1冊最低500円はするので、どうにかしたい!

・・・と、思ったのがきっかけです。

本を何冊も持ち歩いたり、部屋で場所を取らずに月380円で約200冊

IT系の雑誌が多いのは、自分にはありがたい

私にピッタリじゃん!と思い、ノリと勢いでクリックしてしまいましたw

実際に使ってみた感想

最初に持った感想は、全部見せてくれる訳じゃないんだね・・・という事。

独断と偏見ですが、見せ方は4つのタイプに別れます。

  • 紙で出版しておらず、電子オンリーの雑誌
  • 紙で出版した、ほぼありのままを見せてくれる雑誌
  • 一部の記事(特にエッチな部分)をカットしている雑誌
  • 記事の核心をあえて見せず、紙雑誌の販促に使っている雑誌

好きなジャンルを中心に、何種類か読んだ上での分類です(全部読むのはさすがに無理・・・)。

電子版オンリーの雑誌

flick!」や、紙版を休刊した(一部特集号は紙版発行を継続)「週刊アスキー」です。

電子版しかないので、カットとかは関係なしw

「週刊アスキー」は紙版時代からよく読んでいました。

マンガ「カオスだもんね!PLUS」が収録されているのはありがたい。

電子版でもバッチリ収録!続きは、電子版でお楽しみください・・・

ありのままの姿を見せるのよ・・・という雑誌

Mac Fan」や、「週刊ベースボール」等が、これに当たります。

一部広告等がカットされていますが、基本的にはありのままです。
※追記:週刊ベースボールで、別冊付録がカットされていました。
12月4日号の「プレーヤーズ完全ファイル」はバッサリ・・・がっかりだぜ。

ここまでプロ野球を深く掘り下げてくれる雑誌は、なかなかありません。

週刊ベースボールの発売は原則水曜日

楽天マガジンでは、1日遅れて木曜日に解禁されます。

全部見せてくれる代わりに、時間差攻撃を行っていますw

学生の頃、広島では2日遅れで発売されていたのを読んでいた(今は1日遅れ)ので、あまり気になりませんがw

一部カット(自主規制)の雑誌

まぁ、言わずもがな、エッチな写真を掲載している雑誌です。

官能小説的な文章の挿絵や写真も、グレーアウトされて隠されています。

あれ?写真があると思ったら、乳首やお尻の部分に、シールを貼った感じで隠したり。

袋とじは、まず載っていません。

よく、○○初脱ぎとかありますが、それは紙雑誌でお楽しみ下さい。

ただ、追加料金取って解禁したら、結構なビジネスになる気がしますが・・・

※追記「週刊大衆」では、グラビアはカットされていますが、そっち系のマンガや特集はカットされていない場合があります。
カットする基準は何なのだろうか・・・

紙の販促じゃね・・・

日経トレンディ」等が、それに当たります。

例えば、私が読んだ号に「得する決算書!読み方ガイド」という特集がありました。

最初の4ページだけ見せて、あとは全部カット。

もちろん、電子書籍には書いてませんが「続きは紙で!」って事ですよねw

こういうやり方もあるんだなぁ・・・と思ってしまいました。

まとめ

以上、楽天マガジンを1か月使った感想を書いてみました。

雑誌によって、見せ方は本当に様々です。

私なりに評価する基準は、自分の読みたい雑誌が、どれくらい公開しているか??という点。

サービスの利用を続けるかどうか、判断の参考にしてもらえたら嬉しいです。

とりあえず、入会から1か月は無料なので、興味がある方は一度入ってみる事をおススメします。

私は、週刊ベースボールを月2冊読むだけで元が取れるので、年額プランに変更して続けようかなと思います。

人生を楽しく!では、また。