こんにちは。ひらっちです。

先日、チネチッタ川崎という映画館で「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」を観てきました。

SPONSORED LINK

「響け!ユーフォニアム」って何?

高校の吹奏楽部の話を、主人公:黄前久美子の視点で描いた作品です。

響け!ユーフォニアム劇場版2 ポスター

今回の劇場版のポスター。上が主人公の久美子。下が久美子の先輩・田中あすか。

原作は小説で、小説からアニメ・映画化されました。

高校生の吹奏楽部員達が悩み、苦しみながら成長し、弱小吹奏楽部が全国大会へ向かう道のりを描いたストーリー。

今回の映画は、アニメシリーズ第2期を編集・新規カットを入れた、いわば総集編。

主人公・久美子と、先輩である田中あすかのやり取りが話の中心。

いつも明るく、頭脳明晰なあすか先輩であるが、時折見せる冷たい表情・・・

無理をして大人ぶって、誰にも本心を見せないあすか先輩に、久美子はずっと引っかかるモノがあった。

受験勉強を理由に、母親から無理矢理退部を迫られるあすか先輩

そしてあすか先輩から教えられた衝撃の事実

「先輩と一緒に全国大会で演奏したい」という久美子の叫び・・・

久美子の思いは届くのか???

なぜわざわざ川崎へ?

私が住むのは郡山。県内の他の映画館で上映されているのに、どうしてわざわざ川崎まで遠征したのか?

LIVE ZOUNDが、あるからかな・・・」

LIVE ZOUNDとは、ライブ・コンサートの音響をプロデュースするプロ集団がチューニングを行い、最新鋭の設備で音を鳴らすチネチッタ川崎の設備。

音楽はウーファーを効かせてドーンと鳴り響き、セリフはまるで自分の目の前で言っている様に聞こえる感じです。

チネチッタ川崎 スクリーン8

スピーカーの数が多いです。※顔が入り込んだので、修正しています。

実は、この作品の1作目もチネチッタ川崎で観た。すごく良かったので、2作目もチネチッタ川崎まで来ちゃったのです。

特に、オーケストラの演奏が所々で鳴り響くこの映画では、その威力を思う存分発揮します。

これは、小さい映画館や家でブルーレイを観るのでは再現出来ない!

これでスクリーンがIMAXULTIRAだったら・・・いや、贅沢言ってすいませんw

驚きの演出。スマホで撮って、SNSに上げちゃって下さい。

この映画では驚きの演出がありました。

フォトセッションという演出です。

新作映画の予告や、NO MORE映画泥棒が終わり・・・

さぁ本編に入るぞ!というタイミングで「今から撮影して、SNSやブログに投稿して下さい」と、久美子の声。

私もiPhoneで撮影。

響け!ユーフォニアム フォトセッション

思ったよりキレイに撮れました。

ちなみに、スマホでもムービーでの撮影はNG。また、一眼レフ・デジタルカメラはNG公式HPには書いてます。

ネット時代を上手に利用し、PR手段として活用。やり方が上手いですね。

一緒に観に行った友人(2回目の観賞)から「写真撮る所あるけど、iPhoneは電源ONから早いの?」と上映前に聞かれました。

どういう事?」と聞いても、深くは教えてくれず。

最初は何を言っているのか全く意味が分かりませんでしたが、これで納得。

私は電源を切らず機内モードにするので、カメラの起動が遅れる心配はありませんでしたがw

まとめ

いやぁ・・・映画って本当にいいものですね。

と言いたくなる映画でした。

映画館に飾られた久美子

主人公・久美子

ネタバレは基本やらない主義なので、深くは語りません。

でも、あすか先輩に惚れちまったな・・・

圧巻の演奏シーン、是非映画館で楽しんで欲しいです。

つまんねー映画だったな・・・という事にはならないと思います。本当にいい映画でした!

人生を楽しく!では、また。