こんにちは。ただの野球ファンのひらっち(@furakima)です。

豪腕~使い捨てされる15億ドルの商品~」という本を読んでみました。

野球のピッチャー受ける手術「トミー・ジョン手術」について、様々な視点から現状が書かれた本です。

トミー・ジョン手術って何?

正式名称は「側副靱帯再建術」と言います。

こんな感じの流れ。

  1. 投げ過ぎで肘の靭帯断裂
  2. 他の部位(反対の腕など)から靭帯持ってくる
  3. 2の靭帯を肘につけちゃう

この手術を最初に受けた選手の名前から「トミー・ジョン手術」と呼ばれています。

松坂大輔選手や、最近ではダルビッシュ有投手が、この手術を受けています。

ちなみに、この手術を受けると復帰まで1年以上かかります。

肘への負担を考えてみた

そんなに人間の肘って弱いの?ってお思いの方もいるかもしれない。

例えば、このピッチングマシン。太いバネの力を利用して速球を投げています。

このアーム・バネのような負担が人間の肘にかかって、それを何千球も投げたとしたら・・・

※この例えは、本には書いてありません。私個人の考えによるものです。

どんな本??

ざっくりと、以下の項目に分かれます。

  • 自分の身体に移植出来る靭帯が無いため、死人の靭帯を移植した選手の話(トッド・コッフィー投手)
  • トミー・ジョン手術の概要・歴史
  • アメリカのアマチュア野球の現状(高校・大学生でこの手術を受ける例が増えている
  • 球数制限について
  • 肘に不安がある大物選手の契約舞台裏(カブスのジョン・レスター投手)
  • 2度目のトミー・ジョン手術から、メジャーに復帰した選手の話(ダニエル・ハドソン投手)
  • 日本のアマチュア野球の現状
  • 故障回避術(?)を教える、新興宗教のような組織の出現
  • データを活用し、この手術を減らそうとしている人達
  • リハビリ期間が短い、新しいタイプの手術実験(うまくいけば、半年で復帰できるかもしれない)

400ページを超えるため、ザックリまとめてもこれくらいの項目になります。

この本のスゴイところ

一つ一つの話が濃い。ちょっとインタビューして取材終わりな本では決してありません。

取材するって決めたら、1年以上その選手に密着して、奥さんや子供の視点からもまとめています。

トミー・ジョン手術について、少しでも興味があれば、絶対この本は避けて通れない一冊です。

結局どうなったのか?

2010年初めから、2013年にかけ、肘の靭帯を損傷した選手は658人。

故障者リストで失われた実働日数は14万5824日。一人平均221日。

大きな問題となっている、肘靭帯の損傷問題。

結論を言えば、まだ「これだ!」と言える対策は出来ていないのが現状です。

決してハッピーエンドな本ではありませんでした。

普段当たり前の様に観ている野球。

しかし、その華やかな世界の裏に、これだけの苦悩がある事を忘れてならないと思いました。

是非、野球に関わる方には、一度手に取っていただきたい本です。

人生を楽しく!では、また。