こんにちは。ひらっち(@furakima)です。

活動を再開したSuperflyのライブビューイングに行ってきました。

ちょっと長くなりますが、Superflyについて語っています。

セットリスト

第一幕「Love」

  • 愛をこめて花束を
  • MC(軽く挨拶)
  • 春のまぼろし
  • 愛に抱かれて
  • MC(今日のライブについて)
  • 輝く月のように
  • ムービー(インタビュー・レコーディング)

第二幕「Peace」

  • You&Me
  • あぁ
  • Wildflower
  • Good-bye
  • Beautiful
  • ムービー(インタビュー(休んだ理由について)・レコーディング)

第三幕「Fire」

  • Force
  • Alright!!
  • タマシイレボリューション(メドレー)
  • 恋する瞳は美しい(メドレー)
  • Bi-Li-Li-Emotion(メドレー)
  • Free Planet(メドレー)
  • タマシイレボリューション(メドレー)
  • 愛をからだに吹き込んで

アンコール

  • Bloom(新曲)
  • メンバー紹介
  • 愛をこめて花束を(観客と合唱)

感想

メドレーやアンコールも含めると全20曲

しかも全曲オーケストラバージョン!!

時間が経つのを忘れるライブでした。

紙をショートにした志帆ちゃんの姿が出た瞬間、ライブビューイング会場では「え!?」という反応。

公式HPに写真があるので、是非見てほしいです。

私は見た瞬間、水前寺清子を思い出した。

5歳年下のファン仲間に聞くと、「大竹しのぶかと思った」という回答。

軽いジェネレーションギャップ

最初の3曲は、1st・2ndアルバムからの選曲。

聴いた瞬間、鳥肌が立った。

あぁ、帰ってきたのだな、と。

「春のまぼろし」は最後の♪アアアーアアーを、昔はほぼアカペラで歌っていたが、それを聴けないのが残念だった。

第二幕まではクラシックホールにふさわしく、じっくり聴かせるライブ。

クラシックホールだし、このままこんな感じで終わるのかな・・・と思っていたが、さすがはSuperfly。

第三幕では観客を総立ちにし、いつものライブチューン

盛り上げ系の曲を、どういう風にアレンジするかと思ったが、オーケストラでもみんなノリノリ。

やっぱり、総立ちで盛り上がらないとSuperflyじゃないw

盛り上がれるオーケストラバージョン。何だか新しい音楽を見せてもらった気がします。

アンコールを経て、新曲「Bloom」を初披露。

さっきまでの雰囲気とは違い、しっとりと歌い上げる志帆ちゃん。

Superflyのライブは、もう何回も行っているが、何故か毎回涙が出てくる。

この心に響いてくる歌声に惹かれているのだと思う。

涙を流しつつ、最後は代表曲「愛をこめて花束を」を観客と大合唱

大満足でアッと言う間に終了。

そして最後に流れるエンドロール画面。

新曲「Bloom」に乗せ、最後にこの一行。

Especially Thanks to 多保孝一

多保先生の文字が入っていたのは、初期の頃から見ている人には感慨深いのでは無いかと思う。

もうあの頃には戻れないけれど、今の形で進化するSuperflyを見ていたい・・・いや、付いていきます。

そういう気持ちにさせてくれるライブだった。

ライブビューイングで観る不思議

ライブは「東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル」で開かれ、その模様が全国の映画館(約60会場)でライブビューイングされました。

テレビでは、CS放送TBSチャンネル1で生放送され、かなり開放されたライブだったと思います。

CS放送を録画していたため、映画館とCSの違いを書いてみました。

  • ウォーターマークの位置・ロゴ
  • ライブ前後の挿絵
  • 映画館のみ、来年のファンクラブツアーの告知が最後に入る

自分が見つけられた違いは、上の3つのみ。映像は共通でした。

私は東京に行けなかったため、地元の映画館から参戦。

お土産のチケットファイル。映画館で観るとこれがもらえた。

映画館で映画を見た事は何回もあるけれど、歌手のライブを観るのは初めて。

大きなスクリーンに映る志帆ちゃん。音響も悪くない。

でも、これは直に観たいライブだったと、終わってから後悔の念が・・・

会場で生で見て、お家に帰ってCSの録画を楽しめたら、最高の贅沢だと思うw

チケットファイルを使ってみた

もらったチケットファイルに、過去行ったSuperflyのライブチケットを入れてみた。

合計で11枚

我ながら、よくこれだけ行ったなと思うw

しかし、これは大切な思い出。プライスレス。

まとめ

一応、ライブはこんな感じでした。

年末は紅白、来年はファンクラブツアーと、活動を再開したSuperflyから目が離せません。

これだからライブは辞められない・・・

追記:このライブの模様を収めたブルーレイが、発売されることになりました。

人生を楽しく!では、また。