こんにちは。ひらっち(@furakima)です。

先日KDDIより「au WALLETプリペイドカード」に「リアルタイムチャージ」機能追加!

と発表がありました。

私のiPhoneで設定し、実際に使ってみたので紹介します。


リアルタイムチャージって、何?

au WALLETプリペイドカードは、事前にお金をチャージして使うカードです。

公式サイトより

チャージした金額だけ、クレジットカードと同じ感覚でお買い物が出来ます。

当然、チャージ残高が不足すれば買い物は出来ません。

例えば、残高1000円で1980円の買い物をするとエラーが出ます。

それが、じぶん銀行の口座と連携させると、不足分を瞬時に口座からチャージし、買い物が出来ちゃう!

・・・というのがリアルタイムチャージです。もちろん、じぶん銀行の口座も不足していたらダメですがw

早速設定してみた

例のごとく、iPhoneのやり方で説明させていただきます。

Androidユーザーの皆様、ゴメンねw

あれ?ボタン増えてる・・・

au WALLETのアプリが、今週アップデートされました。

アップデートすると、何やらボタンが増えています。

au wallet

赤枠に注目!!

設定しよう!

先ほどの赤枠を押すと、設定画面になります。

au WALLET,オートチャージ設定

赤枠を押そう!

画面が暗転して、以下の画面になります。じぶん銀行の口座をお持ちなら「持っている」をクリック。

持っていない場合は・・・作りましょうw

au WALLET,オートチャージ

口座を持っている事を前提に進んじゃいます

口座番号など個人情報を入力し、オートチャージの限度額を設定します。

au WALLET,オートチャージ,金額

ここで金額を指定する。

「次へ」を押すと、トップ画面に戻ります。

「チャージ・出金」に赤丸が付いているのは、まだ設定が完了していないから。

  • 不足額だけをチャージする「リアルタイムチャージ」
  • 一定額をチャージする「一定額チャージ」

チャージタイプをどちらにするか、選択する必要があります。

au WALLET

まだ設定完了では無い

「チャージ・出金」を押すと、オートチャージ設定画面が開きます。

au WALLET,オートチャージ設定

「設定」を押すと、オートチャージのタイプを選べる様になります。

au WALLET,リアルタイムチャージ設定

私はリアルタイムチャージを選択。

画面を下スクロールして「OK」を押すとTOP画面に戻ります。

「チャージ・出金」から赤丸が消え、これで設定完了です。

au WALLET

設定完了!!

本当にチャージされるのか確かめてみた。

あえて残高を少なくし、残高以上の買い物をしてみました。

au WALLET,残高

残高519円。少ねぇ・・・

マツモトキヨシへ行き、いつものようにお買い物。

残高不足を分かっていながら買い物するのは、少し緊張するw

恐る恐るカードを渡し、決済処理をPOSレジで行う・・・

POSレジ:「ピピピッ」

店員:「はい、ありがとうございます。」

買えたww

明らかに残高不足だが、ちゃんと決済されている。

679円のレシート。決済不足だが、問題無しw

アプリで取引履歴を確認してみる。

不足分の160円が瞬時にチャージされ、合計679円が出金されている。

もちろん、残高は0円。

リアルタイムチャージでは、不足分のみチャージされるため、直後の残高は0円になる。

au WALLETの使用を辞める際、最後残高0にするやり方として有効かもしれない。
有効活用するために始まった新サービスだが、こんな考え方をするのは歪んでいるw

キャンペーンもあるよ♪

この手の新サービスは、キャンペーンが付き物w

キャンペーンにエントリーし、このサービスを利用すると、300ポイントもらえます。

じぶん銀行,オートチャージキャンペーン

ただし、エントリーは自動では無いので注意!!

自分でマイページから行う必要があります!!!

ちなみに、スマホアプリ「じぶん銀行」からのエントリーは不可(4月6日現在)。

パソコンからじぶん銀行にログインしてエントリーしました。

スマホを活用したサービスなのだが・・・何故??

まとめ

公式発表に「スマホ決済改革の第一弾」と書いてある位なので、今後プッシュされるサービスなのかなと思う。

この手のサービスは便利になった分、使い過ぎちゃう恐れが大きくなるので、そこは注意すべきと実感。

しかし、上手に使えばauのポイントを貯める原資になる。

貯めたポイントは機種変更に使いたいと思うので、無理なく上手に貯めていきたいと思う。

このインターネットの片隅から、当サイトを見つけてくれてありがとう。

では、また。