こんにちは。ひらっち(@furakima)です。

MacRumorsからの情報です。

次期iPhoneから「Lightning – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」は同梱されなくなる見通し


Appleの認識・・・必要な人はもう持ってるでしょ??

iPhone7(2016年9月発売)から3.5mmイヤホンジャックが廃止され、従来のイヤホンを使う場合、アダプタが必要となりました。

1000円未満と安価なため、複数必要な人はもう持っているだろうし、必要なら買うでしょ??

ぐらいの感覚なのかな??とアップルの意図を感じます。

私の使い方

私は、家用と外出用の2個持っています。

外出用イヤホンセット

普段外出先で音楽を聞く場合、AirPodsを使用しています。

AirPodsの電池切れや故障に備え、ソニー製のイヤホンをアダプタと一緒に持ち歩いています。

AirPodsは電池の持ちがいいため、アダプタの出番は基本ありません。しかし、数回だけ使用機会がありました。

意外な使用機会

ちょっとニッチな使い方ですが、それは友人の車に乗った時でした。

カーステで私のiPhoneから音楽を流す!となりましたが、その車はイヤホン接続。

※参考写真

しかし、私のiPhone7にはイヤホンジャックが無い・・・

そんな時、このアダプタが重宝します。

現在売られているカーステは、iPhoneをUSBやBluetoothでどうぞ繋いで下さい!という製品が多いですが、旧型にはUSB端子なんて無いw

カーステでの需要は、意外とあるのではないかと感じました。

まとめ

iPhoneからイヤホンジャックを無くし、ワイヤレスで音楽を聞く人が大きく増えました。

イヤホンジャックを無くすとは、何と荒療治な・・・と思いましたが、案外慣れるものですねw

ワイヤレスイヤホンでスッキリ!

自分に合った音楽の聴き方を、今後も模索していきたいと思います。

このインターネットの片隅から、当サイトを見つけてくれてありがとう。

では、また。